COLUMN
知っ得情報

遠近両用メガネのメリット・デメリット

2024.05.14

以前に「遠近両用メガネってどんなもの?」として遠近両用メガネを簡単に紹介しました。

では、今回は『遠近両用メガネ』のメリット・デメリットについて少し触れたいと思います。

まず「メリット」について

一番のメリットとして挙げられるのは「1つのメガネで遠くも近くも見ることが出来る」という事ですね。

通常ですと【遠くを見るメガネ】と【近くを見るメガネ】と2本必要でかけ替えないといけません。

しかし、遠近両用メガネでは、1つのメガネで『遠くを見る』と『近くを見る』ことが出来るのでかけ替えが要らない・・・

という便利なアイテムです。

しかも、『遠くを見る』部分と『近くを見る』部分の間に『中間距離を見る』ことが出来る部分があるので、先述の【遠くを見るメガネ】や【近くを見るメガネ】ではなかなか見えにくかった距離もカバーできるというメリットもあります。

また、以前に紹介した記事にもありますが、遠くを見る部分と近くを見る部分の境目が目立たないので、一見して遠近両用メガネをかけいているとは分かりにくく、またメガネのかけ替えや鼻眼鏡のようにしてメガネをずらして上目遣いで見るなどの仕草が無いので、若々しく見られるでしょう。

しかし、デメリットもあります。

遠近両用メガネを初めてかける方は慣れるまでに少し時間を要するという事です。

1つのメガネレンズに2つの見え方を組み入れている為、見る位置がずれると快適な視界を得ることが出来ません。

その為、快適な視界が得られる部分にピシッと黒目が来るようにするのに練習が必要という事です。

また、2つの見え方を1つのレンズに組み入れている為、どうしても揺れやゆがみが生じる部分が出来てしまい、その部分に視界がかかってしまうことで揺れやゆがみを感じてしまうという事です。

レンズの設計も進歩しているので出来るだけ揺れやゆがみがある部分に視線が入らないように作られていますがやはり限界があり、若干の揺れやゆがみを感じても気にならないようになるまでに少し時間が必要なのです。

ここまでデメリットを説明しましたが、遠近両用メガネをかける事で得られるメリットが大きいと思いませんか?

ぜひ遠近両用メガネをお試しください。

東江メガネでは遠近両用メガネの体験が全店で出来ます。

「最近、読書やパソコン作業の時に見え方がすっきりしないな・・・」

「遠くを見て手元のスマホを見るとぼやける・・・」

などの悩みを感じる方は是非一度東江メガネにご来店ください。

あなたの要望に合ったメガネをご提案いたします。